• NEWS
  • 会社概要
  • 製品情報
  • 適応分野
  • 研究開発
  • 受託加工
  • 採用情報
  • お問合わせ
  • ENGLISH

会社概要会社沿革 | ノガワケミカル株式会社

会社情報
沿革
品質・環境・労働安全衛生
国内・海外事業部
ご挨拶

印刷する

会社沿革

昭和   
1952 創業。 野川隆志が接着剤の研究を始める 
1955 国産初の合成ゴム系接着剤を完成。製靴業界へ販売を開始
1958 国産初のエアースプレー用接着剤を完成。
自動車、鉄道車両業界で好評を得る
1962 ノガワケミカル株式会社に社名変更。
本社を東京都中央区日本橋本町4-6に置く
1963 東海道新幹線車両の窓部ガスケット用気密シーラーとしてNo.218GKが唯一国鉄指定品となる。
その後山陽新幹線車両にもNo.3810が採用される。 製靴用パーツ(先芯・月形芯「ダイアシート」生産、発売開始)
img
1964 川口市領家から現在地に工場を移転
1968 「ダイアシート」の大型量産製造設備を導入する。広島営業所を開設。
事務の合理化として、電子計算機、テレックスを導入する。週休2日制を導入
1969 資本金4,800万円に増資。名古屋営業所を開設
1971 接着剤部門の生産自動設備完成
1973 福岡営業所を開設
1974 瞬間接着剤の量産プラント完成。
熊谷出張所を開設その後埼玉営業所に改称
1976 川口工場がJIS認可工場となる
1977 米国UL難燃規格の認定を4種類の接着剤が受ける
1979 米国デュポン社よりアクリル系構造用接着剤の技術を導入SGAを完成
(その後、独自の技術で両主剤形を開発)
1981 大阪営業所を開設
1984 韓国 楊池通商(株)に技術供与し、業務提携を結ぶ
1985
汎用コンピュータを導入し、全社をオンラインで結ぶ
1987 本社を東京都中央区日本橋本町4-15-11に移転
平成   
1989 元年 一液性酸素硬化形変成ポリサルファイドシーリング材完成。
日本橋税務署より優良申告法人として表彰される
1992 ・ 5  多硫化ゴム系シーリング材No.3820完成高モジュラスタイプの高速鉄道車両用シーリング材です
1993 工業用接着剤の製造・販売を目的とした日中合資
「上海野川化工有限公司」設立
1993 ・ 5  弾性接着剤DX533,DE86シリーズ完成
無溶剤、常温硬化形、硬化膜はゴム状弾性をもち、衝撃抵抗性に優れている製品です。
1993 ・ 9 DN297Aが米国UL規格94V-1に認定されました。
1994 ・ 5 自動車内装用水性タイプダイアボンドDW904R完成。 img
1995 茨城工場完成
1995 ・ 12 低温加熱硬化タイプの一液形エポキシ樹脂系接着剤ダイアボンドDE1319D完成。
1996 ・ 4 一液変性ウレタン系シーリング材ダイアボンドNXシール完成。
1997 ・ 2 DU433シリーズ、DE824,DE486が日本接着剤工業会建材用接着剤規格(JAI規格)に認定。
1998 ・ 8 オレフィン系プラスチック「ポリプロピレン」に接着性が良好なクロロプレン系
接着剤CK361完成。
1999 ・ 1 ウレタンフォーム業界への脱溶剤化として、ポリウレタン系エマルジョン接着剤
DW603B完成。
2000 ・ 2 環境対応形で、かつ耐洗剤性に優れた鉄道車両用シーリング材DX65ユシリーズが完成。 img
2001 ・ 2 環境IS014001認証取得。
2001 ・ 4 1液形弾性接着剤DX533Bが完成。
2001 ・ 7 資本金を9600万円に増資
2002 ・ 5 有機溶剤、可塑剤を全く使用しない環境対応型製品を開発。
酢酸ビニル系エマルジョン型接着剤DW488、アクリル樹脂系水性コンタクト型接着剤DW552
アクリルエマルジョン型接着剤DW525
2002 ・ 9 品質IS09001認証取得
2003 ・ 5 改正建築基準法に基づくシックハウス対策接着剤開発
2004 ・ 2 労働安全衛生 OHSAS 18001認証取得
2006 ・ 3 中国上海市、「上海野川」工場移転 
2006 ・ 4 ISO14001・OHSAS18001更新  (本社・各営業所)認証取得
2009 ・ 4 上海野川化工、100%子会社化、「野川化工(上海)有限公司」と社名変更
2016 ・ 3 本社を現住所に移転
ページの先頭へ